まいにち☆オリーブオイル

いろいろかたります → 特に「オリーブオイルの使い方・買い方・簡単レシピ」 「育児・旅行etc...」

イタリアのマンマ直伝! 華やかボンゴレビアンコ おもてなしにもぴったり! オリーブオイルの使い方

 

こんにちは、リリーです!

 

ついにこの記事で5つめになります。いままで三日坊主ばかりだったので嬉しい~💗

と同時にもっといろんな方にオリーブオイルのことを知っていってもらいたいです😊

 

本日はマンマ直伝のボンゴレビアンコを作っていきたいと思います~。

私が住んでいたのはイタリアのシチリア島シチリア島って地中海などの海に囲まれていて魚介もおいしいんです♪

あさりを買った日の定番メニューでございました。

 

 

それではさっそく作っていきましょう!!!

 

マンマ直伝 ボンゴレビアンコの作り方

f:id:eLily:20190220225045j:plain

<材料> 2人用

あさり・・・1パック(250gくらい) 砂抜きしておく

にんじん・・・1本  まるごとすりおろしておく

パセリ・・・80g   みじん切りにしておく

にんにく・・・一片   みじん切りにしておく

エキストラヴァージンオリーブオイル・・・適量

バター・・・20g 

白ワイン or 料理酒・・・50ml

スパゲティ・・・180g

塩・・・適量

水・・・2L (パスタ茹でる用)

塩・・・20g(パスタ茹でる用)

エキストラヴァージンオリーブオイル・・・仕上げ用

 

<作り方>

  1. フライパンにエキストラヴァージンオリーブオイルをしいて、みじん切りしたにんにくを入れ少しいためる。

    f:id:eLily:20190220225128j:plain

    にんにくは焦げると苦くなるので気をつけて!
  2. 香りが出てきたら砂抜きしたあさりをいれて、白ワインを加えて蓋をする。
  3. あさりの口が開いたら、すりおろしたにんじん、バター、塩を加える。
  4. 5分ほど弱火で煮て、味見をして塩気が足りなかったら塩をいれて調節する。
  5. 火を消してみじん切りしたパセリを加えて全体を少し混ぜておく。

    f:id:eLily:20190220225228j:plain

    パセリは香りを活かすために火を消してから入れましょう。
  6. パスタ用の水を鍋に入れ沸騰させ、パスタを茹でる。茹で時間30秒前におかあげをして5のソースに絡ませる。
  7. 6に仕上げ用のエキストラヴァージンオリーブオイルをかけてお皿に盛り付ければ完成‼

 

f:id:eLily:20190220230303j:plain

う~ん、華やか!

今回使用したオリーブオイル・購入場所

東京神楽坂にあるイタリアを中心とした食材を扱う、il gusto DOLCE VITA(イルグスト ドルチェヴィータ)さんで購入したエキストラヴァージン・オリーブオイル マラッコです。今年の2月からオンラインショップもはじめたみたいです!

ホーム - 神楽坂『イルグスト ドルチェヴィータ』オンラインショップ

 

でもオリーブオイルはまだ店舗だけみたいです...。はじめたばっかりなので今後は買えるかもしれませんね!要チェックです。神楽坂まで行くの遠いのでそうなったら嬉しいな笑

www.facebook.com

シチリアのトラーパニという町で作られているんですね😍

使用品種は、Cerasuora(チェラスオーラ)・Nocellara(ノチェッラーラ)・Biancolilla(ビアンコリッラ)の3つ。

 

D.O.P.(保護指定原産地呼称)認定を受けているので安心して使えますね💗

D.O.P.に関してはまた次回詳しくお伝えしたいと思います!

f:id:eLily:20190220231954j:plain

エキストラヴァージン・オリーブオイル マラッコ

  ちなみにこちらはイタリアのサイト→Azienda Agricola Galluffo

どんなところで栽培されているか知りたい方は見てみてください~✨✨

 

オリーブオイルポイント

 あさりの旨味、人参とバターの甘味と脂肪分、パセリのほろ苦さが合わさった今回のボンゴレビアンコには、さわやかな香りと軽い辛みと苦みを伴ったこちらのオイルがよく合いました。

 

最後に

パセリは日本では飾り付けように少し使う程度ですが、イタリアでは料理の風味を出す大事な役割を担っています。沢山使うのに抵抗あるかもしれませんが、今回の料理は人参・パセリさんに協力してもらわないと出せない味ですのでぜひ作ってみてください~

👐👐✨